日本語以外も理解するには|気軽に通える英会話スクールを見つけよう|初心者でも安心

気軽に通える英会話スクールを見つけよう|初心者でも安心

勉強道具

日本語以外も理解するには

辞書

妊娠中からが理想

現代社会で生きていく中で日本語以外にも外国語、特に英語が必要な世の中になっています。英語はインプットするのに2000時間かかると言われており始めるのが早ければ早いほど効果があります。特に妊娠6ヶ月を過ぎると胎児も耳が聴こえるようになるためその頃から始めるのが最も長く英語と触れ合えます。また産まれてからは音を聞き分ける能力が落ちていき、中での日本語は音が英語よりも少ないため発音も上手に出来にくくなります。ネイティブな綺麗な発音が出来るようにするには遅くても3歳頃までには始めるのが良く、教材としてはCDやDVDといった聴くものを中心に選んでいくと良いです。中高生になってからでも同じように聴くことから始め、徐々に単語帳やテキストといった教材を増やして語彙力も一緒に身につけていくと勉強にも役立ちます。

自分で学ぶ環境を作る

3歳頃までは親が与えた環境で子供が過ごすことが多いため、教材も親で選んであげることが出来ます。しかし何よりも大切なのは環境作りであり、整えてあげれば子供は自然と日本語以外にも覚えていきます。子供が日本語が話せるのは周りに日本語が溢れているためであり、逆にいえば外国語を身近に感じられれば理解し話せるようになります。教材選びとして大切なのは、まずは親が続けられるものを選ぶことです。親が続けられないのであれば、子供は触れ合う機会がありません。簡単にかけ流しに出来るCDやDVDを活用することで、普段何気なく始めていくと子供は何の違和感もなく取り入れていきます。そして次に一緒に楽しめるものを選んでいきます。子供は親と楽しみながら覚えていくものです。絵本やゲームを活用しながら遊ぶことで苦手意識もなくなり、自然と好きになり自発的に学んでいきます。